佐渡市 佐渡市で車の【下回り サビ止め 塗装】のご紹介 真野自動車整備

画像

  • HOME
  • その他
  • 佐渡市で車の【下回り サビ止め 塗装】のご紹介

佐渡市 車の【下回り 錆止め】のご紹介

 車の下回りの錆止め塗装って必要なの?

佐渡市は四方八方海に囲まれています。年間を通して海岸線では風に乗って陸上まで塩分交じりの風がふきます。冬期間はもっと高濃度の潮風が吹き付けます。内陸部でも冬期間は山道や凍結しそうな道路に塩カルが道路に散布します。車の下回りのダメージは深刻なもので、塩害に悩まされているお客様は多いと思います。
鉄は水に反応して錆びる性質があり、塩分を含んだ水ですとさらに鉄をサビさせるスピードが上がるそうです。
車のボディーは2層から3層で塗装されているのでよほどのことがない限りサビは出てきませんが、軽自動車の下回りは気持ち程度の薄い塗装しかされていないので同じ鉄板でも下回りのほうが早くサビはじめてしまいます。普通車はそれなりの対策はされています。
錆の進行を遅らせるには下回り専用の塗料を吹き付ける【防錆施工】が必要となります。軽自動車の場合ですと施工したほうがいいと弊社は考えています。

 不要な部品を取り外し、下回りスチーム(温水)洗浄をします

フロントバンパー、リヤバンパー、マフラー、フェンダーライナー、エンジンアンダーカバーを取り外します。
なるべくきれいに洗浄したいので不要な部品を取り外します。リジットラック(ウマ)で固定して下回りを温水スチーム洗浄してそのあとは乾燥を行います。

 マスキング、マスカーシートで養生下準備完了

マスキングテープを使ってタイヤのアーチ状になった部分やバックドアやヘッドランプなどのチッピング(ブツブツ)塗料がついてほしくない場所にマスキングします。さらにチッピング塗料がボデーに付着しないようにするためと工場内飛散防止のためマスカーシートで養生をします。

 一層目【亜鉛+プライマー】塗装

1層目の塗装:左の写真(赤丸)で茶色く錆び始めている場所が車の下回りで最もサビやすく何年間もメンテナンスをしないと腐食してしまう鉄板と鉄板の合わせ面です。これ以上サビが進行にくくなる様に鉄板の合わせ面やブレーキホース、燃料ホースに吹き付けます。

 二層目【チッピング】塗装

2層目の塗装:左は水性タイプ(ノックスドール1100)施工中です。ただ吹き付けるのではなく、鉄板の合わせ面から吹き付け最後にパネル類を吹き付けます。右は油性タイプ(塩害ガード)こちらも水性タイプ同様鉄板の合わせ面から吹き付けます。専用ガンで塗装後、塗りむらはスプレータイプで隅々まで塗装します。

 三層目【合わせ面&袋状専用】仕上げ

3層目の塗装:しつこいようですが、鉄が最も酸化して錆びやすい鉄板の合わせ面、袋状のチッピング塗装ができない内部に合わせ面・袋状専用の塗料を吹き付けます。一台あたり約2本使います。

 最終確認、取り外した部品の復元

最終確認:すべての工程が終わったら再度2層目(チッピング)の塗り残しがないか確認します。リフトに上げて見てみないとわからないレベルの塗り残しですが、作業灯で照らすと塗り残しが見つけやすいのでチェックします。
復元作業:マフラーの取り付け、各車輪フェンダーライナー・フロント&リヤバンパーカバー(中古車や既販車の場合はプラスチッククリップ全交換)取り付けをして作業が完了します。

 下回り防錆塗装 施工料金

乗用車
軽自動車   :55,000円
コンパクトカー:55,000円
ミニバン(小):66,000円
ミニバン(大):71,500円
貨物車
バン     :55,000円 乗用タイプ
バン     :66,000円 4ナンバー1BOX
バン     :71,500円 1ナンバー1BOX
トラック   :中古車のご依頼のみとなります。

※税込み価格
※作業日数は約1週間(通常業務と並行作業となるなめ他の業者さんより日数かかります)

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
お車の修理、車検のお問い合わせは車検証があるとお話がスムーズに進みます。

お電話でのお問合せは
0259-55-2734
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!